まず、犬を飼うということは『家族が増える』と考えて下さい。
楽しい事、つらい事、悲しい事etc・・・
その『家族』の一生に責任を持ちましょう。

『終生飼養』
これが犬に限らず、動物を飼う上での必要最低限の心構えとなります。

世話をするのは誰ですか?
よく「子供にせがまれて・・・」という話を聞きますが犬を飼いうには、食事・トイレやハウスの掃除、毎日の散歩などなど・・・様々な世話が必要です。
「子供にせがまれて・・・」で飼いはじめても、最終的な責任は親御さんにあるという事を忘れないで下さい。

ご家族の方はみんな賛成していますか?
犬を飼うには家族全員の賛成と協力が必要です。
一人でも反体している方がいると、犬はその家庭では幸せにはなれません。

ご近所への配慮はどうですか?
一軒家でもそうですが、特にマンションのような集合住宅で犬を飼う場合には、ご近所(上下階と左右のお部屋)への配慮に気を遣いましょう。
ご近所とのトラブルの多くは、鳴き声・におい・抜け毛が原因です。
しかし、これらは飼い主がしっかり世話をし、きちんと躾けていれば必ず防げるということを忘れないで下さい。

それから、犬の事をよく知りましょう。
子犬は誰の目から見ても小さくて、かわいいものです。
この事が「衝動買い」に繋がるんでしょうね・・・。
犬種によっては成長するにつれて、かなり大きくなっていきます。
「こんなはずでは・・・」とならない様に、成長した時の姿をあらかじめ良く知っておいた方がいいと思います。

お金だってかかります。
予防接種や医療費、フードや生活用品などさまざまな経費がかかります。
ホント・・・犬を飼って一番実感したのはお金の事でした。
病院は保険なんてないし(今はペット保険がありますが・・・)、ペット用品って結構高いんですよね。