まずは、犬種を選びます。
小型犬で我が家のライフスタイル(共稼ぎでマンション住まい)に会う犬種は?
本屋でたくさんの本を買い込み、日夜にらめっこを繰り返していました。
何種類かの犬種に絞りましたが、あれもこれも・・・( ̄  ̄;) うーん
!(・。・)b 「そうだ!」
本で見るより、実物を見た方が早い!!
・・・という事で、市内に2箇所ある『ふれあいパーク?』に
ε=ε=ε=ε= ヾ(*~▽~)ノ テクテク
そこで一目ぼれしたのが『ミニチュアダックス』でした。

後で聞いた話ですが、成犬を見て決めた事は、犬を選ぶ上では大変重要な事だそうです。
“心構え”のコーナーでも話しましたが、犬種によっては子犬と成犬とでは、大きさや風貌がかなり変わってくる犬種が多いのです。
かわいいだけで飼い始めて、それがみるみるうちに大きくなり飼い切れなくなる・・・というケースは多いそうです。

犬種が決まったら、どこから仔犬を迎え入れるか。
これも本でお勉強・・・(□。□-) フムフム
仔犬はペットショップから?ブリーダーさんから?
元気な仔犬の選び方は?
“犬は普通ペットショップ”と思い込んでいたσ( ̄^ ̄)は、なんの迷いもなくペットショップ巡りを始めました。
この頃、ブリーダーさんは雲の上の人というイメージがあり、行き辛かったんですよ。
・・・という事で、らん丸とあんずは某ペットショップから迎え入れました。
しかし・・・
らん丸もあんずも迎え入れた後にトラブルが発生しました。
らん丸の時は生年月日がかなりいい加減だった事。
最初に聞いたのと、受け取る時の書類の生年月日が違う事から始まり、話は二転三転。
結局、最終的に確認が出来るまで、1ヶ月以上もかかりました。
おまけに、最初に聞いていた生年月日と半月以上も違っていました。
その事をショップに指摘すると「生年月日なんて、どうでもいいんじゃないですか?」

そして、あんずのお腹の中に虫がいました。
その上、たくさんの細菌を持っていました。
最初の1ヶ月は、駆虫薬やら抗生物質やらで薬漬けでした。
それ自体は別に珍しい事ではないのですが、一応ショップにもその事を連絡すると
「そんなはずは無い!」
「変な言いがかりはやめてくれ!」

らん丸もあんずも元気いっぱいなので問題はないのですが、そのいい加減な対応というか、無責任な言葉に腹が立つやら呆れるわで・・・

仔犬を選ぶ時は、見た目の姿だけではなく、その子犬を取り巻く環境(両親とか、育った環境とか)をすべてを自分の目で確かめてからの方が良いと思います。
そういう意味でブリーダーさんは、直にそれらの情報を確認できます。
これほど確かなものはありません。

ただし、全てのペットショップがそうだとは限りません。
パグを飼っている会社の友人にらん丸とあんずの事を話したところ、ある一軒のショップを教えてくれました。
実際にそのショップに行って、いろいろ聞いてみましたがナルホド・・・。ちゃんと答えが返ってきました。

σ( ̄^ ̄)の個人的な意見だと、ブリーダーさんをお奨めしますが、どちらにしても、事前にショップやブリーダーさんに関する情報は集めておいた方が良いと思います。
そして飼い主本人もある程度の知識もあった方がいいと思います。
何も知らないまま、一方的に言われるよりインターネットや本などであらかじめ勉強して、疑問に思うことは全部ぶつけてみる・・・。
そして、最良のパートナーを見つける・・・。
長い付き合いになるのだから、信頼のおけるショップやブリーダーさんを探しましょう。

                

◆ペットショップから迎え入れる場合・・・◆
1軒では種類や頭数に限りがあるので、何軒かまわるのがいいでしょう。
ショップ選びは、まず店内が清潔で悪臭がしない。そして、店員さんの知識が豊富で親身になって相談に乗ってくれる・・・
こういうショップがいいと思います。

◆ブリーダーさんから迎え入れる場合・・・◆
飼いたい犬種が決まっているなら、特定の犬種を専門に繁殖しているブリーダーさんをお奨めします。
何人かあたって「この方だ!」という、信頼のおけるブリーダーさんを探してください。

◆里親探し◆
犬種や迎え入れる時の年齢に拘らないのなら飼い主のいない犬の「里親」になる方法もあります。
動物管理センターや民間の保護団体には里親を待つ犬がたくさんいます。
各市町村に問い合わせると最寄の動物管理センターなどの窓口を紹介してくれます。
また、札幌市では毎年5月から10月の第2日曜日に「仔犬・仔猫の新しい飼い主探し」を行なっています。